注目の記事 PICK UP!

商社マンは交際費・タクシーチケット使い放題?合コンやプライベートでも使える?

商社マンは派手に交際費を使っているイメージがあると思うが、交際費は年々厳しくなっている。今は交際費やタクシーチケットを使うためには事前申請が必要だし、部署によっては二次会原則禁止ということもある。

ここでは商社マンの交際費・タクシーチケットについてみていきたいと思う。

⇒【商社マンの営業は接待が多くて大変?

交際費事前申請とは 

私が勤務していた総合商社の例で話すと、交際費は事前に申請した上で上司(課長・部長)の許可を得る必要があった。事前申請では相手の会社名・部署・名前、こちら側の部署・名前、そして場所と金額を記載して申請する必要がある。

金額は1人あたり最大20,000円であり、担当者レベルの商社マンでは1人10,000円~15,000円くらいが相場となってくる。申請した金額の150%までは使っても問題はないが、目立ってしまう。

⇒【商社マンは宴会芸が必須!?

申請金額を超過しないために 

実際に使用した金額が事前申請の150%を超えてしまった場合は、理由を書く必要がある。使う立場からすれば150%超過はなんとしても避けたいところではあるが、実際に会食中に金額を気にして注文を制限するのは難しかったりする。

ではどうやって対応していたかというと、申請人数を増やしたりしていた。本来は4人の会食のところを6人にすれば、使える金額は1.5倍となる。課長としても交際費で目を付けられたくはないため、人数の水増しは行われていた。

⇒【商社マンはお酒が飲める人が多い?

タクシーチケット 

タクシーチケットは交際費に比べると更にハードルが高い。交際費と同じく事前に申請が必要となるのだが、そもそもタクシーチケットを渡す可能性がある人は、相当な役職者になるので、担当レベルではタクシーチケットを申請する機会はほとんどない。

部長や課長レベルが出る会食であればタクシーチケットを使う可能性があり、そのような会食に下っ端として参加する時には、タクシーチケットを手にする機会があるだろう。ただどのように使ったのかも管理されるため、タクシーチケットを他で使うというのは難しい。

⇒【商社マンは「住宅手当」は貰える?

社内のみやプライベートで交際費を使うのは不可能 

以前は交際費が緩い時代があったのは事実。私も入社直後は合コンを交際費でやった経験は何回もある。ただ次第に交際費は厳しくなっていき、社内の飲みでも交際費を使っていたのだが、今はそれすらも難しい状況となっている。

社内監査で交際費の使用実績を厳しく見られ、場合によっては懲戒処分を受ける事例もある。

⇒【商社マンの遊び方・プライベート

まとめ 

総合商社の交際費やタクシーチケットは相当厳しくなっており、今や社内飲みやプライベートで利用するのはほぼ不可能となっている。プライベートでも使える時代を経験している商社マンにとっては、つまらない時代になってしまったと感じている人も多いことだろう。

<こんな記事も読まれています>

⇒【商社マンは遊び人でチャラい?
⇒【商社マンの海外駐在の年収は?
⇒【海外出張はビジネスクラス?
⇒【商社マンは過労でブラック労働?
⇒【商社マンの仕事はきつてつらい?
⇒【商社マンの勤務時間はどのくらい?
⇒【商社マンの企業・年収ランキング
⇒【商社マンの筋トレ事情

関連記事

  1. 商社マン入社1年目の仕事内容とは?研修や社内試験、残業は?

  2. 総合商社マンは激務でブラック?勤務・残業・出社・退社時間は?フレックス導入でホワイト企業化?

  3. 商社マンが彼氏・付き合うと会えないことが多いのは本当か?飲み会や海外出張が理由?

  4. 商社マンは忙しくて激務でブラック?労働・勤務時間の実態とは。

  5. 商社マンの副業は禁止されている?おすすめの副業や始めたほうが良い理由を解説。

  6. 商社マンとサラリーマンの違いをわかりやすく解説。給料や待遇は?

  7. 商社マンとメーカー営業の仕事の違いや特徴をわかりやすく解説。

  8. 商社マンが見るべき映画・テレビドラマや映画事業。

  9. 商社マンは過労でブラック労働が多い?勤務時間の実態や過労が原因の事件は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP