注目の記事 PICK UP!

商社マン/総合商社に中途入社・転職する方法を解説。人事部経由と営業部に直接入社のパターン。

総合商社は業績拡大に伴って優秀な人材の中途採用に積極的であり、転職を検討しているという人も多いことだろう。

総合商社に中途採用で入社する場合には、人事部が公式ホームページや転職エージェント経由募集する場合と、それとは別途営業部のニーズに合わせて直接採用するパターンがある。

ここでは総合商社に中途入社する方法について解説していきたいと思う。

⇒【総合商社に転職する人の職業・理由

人事部が募集するケース 

総合商社に中途入社する方法として代表的なのは、人事部が募集しているものに応募するパターンである。自社の採用ホームページで募集することもあれば、転職エージェント経由募集することもあり、中途採用の情報を目にしたことがある人も多いことだろう。

このパターンは特に解説はあまりいらないと思うが、人事部が定めたステップに応じて転職活動を行っていくこととなる。

⇒【【実例】商社マンの人事評価方法

営業部が直接採用するケース 

あまり知られてはいないとは思うが、最近の総合商社は営業部のニーズのよって、人事部を介さずに直接採用活動を行うケースがある。

人事部経由の採用では、希望した人材を確保することができる保証はないし、営業部の部長や課長自らが面接することができるため、ミスマッチが起きにくいと言えるだろう。

⇒【商社マンのボーナス金額の決まり方

人事部経由と営業部直接の違い 

人事部経由と営業部直接の中途採用の違いは、会社によっても基準は異なると思うが、私が勤務していた総合商社では、人事部経由の場合は最初から社員として採用、営業部直接の場合は嘱託社員として採用され、1年程度様子見た後に問題なければ社員に切り替わる形となる。

⇒【商社マンの企業・年収ランキング

営業部直接の場合のメリット 

人事部経由の中途採用は募集の時期が決まっているのに対して、営業部直接の場合には特に時期の決まりはなく、ニーズがあれば通年いつでも採用することができる。

転職する側のメリットとしては人事部経由であれば入社後どこの部署に配属されるかわからないが、営業部直接であれば必ずその営業部に配属されるので、やりたい仕事とのミスマッチは起こりにくいと言えるだろう。

⇒【商社マンの勤務時間はどのくらい?

営業部直接の中途採用に申し込む方法 

営業部が直接中途採用を行う場合には、広く募集を行うわけではないので、知り合いの紹介などが必要となってくる。

現在の総合商社の状況を考えると、よほど儲かっていない部署を除けば人材が足りていないことが多いので、総合商社に転職を希望する場合には、知り合いに積極的に聞いてみると良いだろう。

⇒【商社マンから転職・退職する理由

まとめ 

総合商社に中途入社するには、人事が募集を行っているものに応募する方法と、知り合い経由営業部直接の採用に応募する方法の2通りがある。

人事が募集している場合は人数が多いものの、中途入社後に希望の部署に配属されるかはわからないというリスクがある。営業部直接の場合は時期に決まりはなく、ニーズがあればいつもでトライすることは可能となっている。募集人数は少ないことは多いが、入社後の配属も決まっているため、仕事のミスマッチは起こりにくい。

<こんな記事も読まれています>

⇒【総合商社に転職する人の職業・理由
⇒【「当社の志望理由」に対する答え方
⇒【総合商社に内定するコツ・体験談
⇒【商社マンは宴会芸が必須!?
⇒【大手総合商社とは?年収の実態は?
⇒【女性商社マンの割合や仕事内容は?
⇒【商社マンとメーカー営業の違いや特徴
⇒【商社マンの給料・生活は羨ましい?
⇒【商社マンの営業は接待が多くて大変?
⇒【商社マンの仕事・業務内容の本音

関連記事

  1. 商社マンは憧れの存在?総合商社志望で就職活動を控える学生へアドバイス。

  2. 総合商社の内定者のスペックとは?帰国子女、体育会系が多い?

  3. 総合商社の就職・採用面接で「当社の志望理由」に対する最適な答え方・ベストな回答。よくある質問。

  4. 総合商社・商社マン志望の学生にOB・OG訪問のメリット・おすすめする理由。

  5. 総合商社に内定・就職するためのコツ・方法・体験談。商社マンになるためには?

  6. 家族や親戚に現役商社マンがいると同じ会社には入社することができない?社内結婚の場合は?

  7. 商社マンの出身大学・大学別就職者数ランキング。新卒で内定するためのコツは?

  8. 総合商社の就活セミナーが満席・当選しない・予約できない時の対処方法。参加するためには?

  9. 「総合商社」に全落ちしたらどうする?元商社マンからのアドバイス。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP