注目の記事 PICK UP!

商社マンの左遷先とは?出世街道を外れてしまう?海外や国内の子会社に飛ばされる?

商社マンもサラリーマンであるため、何かしら問題を起こしたり、仕事の成績が良くないと左遷されることはある。

それはすなわち出世街道から外れることであり、商社マンにとっては避けたい事態である。

ここでは商社マンの左遷についてみていきたいと思う。

⇒【商社マンに向いている性格

商社マンの左遷は海外駐在?国内?子会社? 

人事異動にはさまざまな理由がつきもので、その理由が明かなものとわからないものがあるが、左遷となれば明かなものが多い。

私が総合商社に勤務していた時に見た左遷としては、海外に飛ばされるというケースがあった。

しかも直接的に業務が関係するポストではなかったため、左遷であることは明らかと言えるだろう。

海外駐在を希望していた人にとっては、考え方によっては恵まれていると思われるかもしれないが、左遷とわかるような異動の場合には、移動先での見方も厳しいものになることだろう。

私は海外に飛ばされたというケースしか見たことあないが、もちろん国内の地方に飛ばされたり、子会社に出向させられたりというケースもあるようで、その時の空きポストによって変わってくると言えるだろう。

左遷となるからにはそれなりの役職者であるため、若手のように気軽に異動させることはできない。

⇒【商社マンの給料・年収の本音

商社マンが左遷される理由とは? 

左遷される理由にもさまざまなものがあるが、私が見た海外に飛ばされたケースでは、仕事で不祥事を起こして、懲戒処分を受けた例である。

その他にもセクハラやパワハラ、不倫などの問題を起こすケースや、仕事ができなさ過ぎて飛ばされるとうケースも聞いたことがある。

普通に業務をこなしていれば左遷されることはないので、左遷というのは非常にレアなケースということができるだろう。

もし何らかの問題を起こしてしまった場合には、その場に残って仕事を続けるというのも厳しいため、本人にとっても環境を変えるのは悪くないとは思う。

⇒【商社マンに憧れる学生へのアドバイス

若手商社マンの左遷はある?出世の可能性は? 

20代の若手商社マンが左遷されるケースというのは、私は見たこともないし聞いたこともない。

商社マンは若手のうちから任される仕事の裁量は大きいとは思うが、それでも業務は上司の管理下にあるため、よほど悪質ではない限りは上司の責任にもなってしまう。

また左遷されたからと言ってそこで100%出世の道が絶たれたというわけではないだろう。

数年間まじめに業務を取り組んでいれば、その時の上司もどんどん変わっていく可能性が高いため、また以前の部署に呼び戻される可能性は0ではないと思う。

また左遷されて全然関係のない部署に飛ばされた場合には、そこでしっかりと結果を残していけば、そっちで重宝されて出世していく可能性もあるだろう。

⇒【商社マンは忙しくて激務?

まとめ 

商社マンでも左遷される可能性はあるが、普通に業務をこなしていればその可能性はほぼないと言えるだろう。

左遷された場合は海外や国内、子会社等に飛ばされるというケースがほとんどである。

若手商社マンが左遷されることはほぼなく、また万が一左遷されたからと言って出世の道が絶たれたというわけではない。

<こんな記事も読まれています>

⇒【商社マンとは?どんな仕事や会社の人?
⇒【商社マンはプライドが高くてうざい?
⇒【商社マンは高級腕時計をしている?
⇒【うつ病になる商社マンはいる?
⇒【商社マンは嘘つきが多い?
⇒【商社マンの給料・生活は羨ましい?
⇒【商社マンの営業は接待が多くて大変?
⇒【商社マンが見るべき映画・ドラマ、映画事業
⇒【商社マンで英語ができない人はいる?
⇒【商社マンは偉そうで上から目線な人が多い?

関連記事

  1. 商社マンとサラリーマンの違いをわかりやすく解説。給料や待遇は?

  2. 商社マンは交際費・タクシーチケット使い放題?合コンやプライベートでも使える?

  3. 商社マンが見るべき映画・テレビドラマや映画事業。

  4. 商社マンの副業は禁止されている?おすすめの副業や始めたほうが良い理由を解説。

  5. 商社マン入社1年目の仕事内容とは?研修や社内試験、残業は?

  6. 商社マンの勤務(労働)時間はどのくらい?何時間?フレックス制度は使える?

  7. 総合商社マンは激務でブラック?勤務・残業・出社・退社時間は?フレックス導入でホワイト企業化?

  8. 商社マンが彼氏・付き合うと会えないことが多いのは本当か?飲み会や海外出張が理由?

  9. 商社マンは忙しくて激務でブラック?労働・勤務時間の実態とは。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP