注目の記事 PICK UP!

商社マンの結婚のタイミングは早い?遅い?海外駐在のタイミングで結婚する人が多い?高収入も影響?

女性の結婚したい職業ランキングで常に上位に入ってくる商社マン。

商社マンと結婚したいと考えている人も多いのではないだろうか?

ここでは私の実体験から、商社マンの結婚のタイミングについてみていきたいと思う。

商社マンの結婚は一般より早い。海外駐在がきっかけとなるパターンが多い 

商社マンの結婚のタイミングは2極化している。

早くする人は20代前半から半ばでするし、遅い人は30以降でする人もいて、さまざまである。

一般的に結婚する年齢と言えば、30前後であると思うが、感覚値としては、商社マンが結婚するタイミングはもう少し早いと思う。

商社マンの結婚で多いのが、海外駐在のタイミングで入籍するパターン。

何の前触れもなく、2・3か月前に海外駐在を告げられることが多いため、その時点で2年とか交際していたら、結婚するというパターンが多いだろう。

最近では語学研修で海外駐在になるパターンも増えてきているため、若いうちから海外に出る機会が多くなったことが、商社マンの早婚化に拍車をかけている気がする。

そして商社では結婚して海外に単身赴任となった場合には、かなりの高額の別居手当が支給されることが多い。

入社年次やエリアにもよって変わってくるが、若くても月10万円以上はもらえるだろう。

この別居手当目的に、入籍する人もいるのかもしれない。

商社マンの結婚が早い理由は高収入と彼女からのプレッシャー 

商社マンの結婚が早くなる他の要因としては、高収入であることがあげられるかもしれない。

入社1年目の給料はそれほど高くはないが、2年目以降はボーナスも満額支給されるため、年収は一気にあがる。

そうなると結婚しても養っていくことが可能となるので、将来的にもっと給料が上がっていくことがわかっている中では、今はお金がないから結婚はできないという状況にはならないのかもしれない。

あとは女性側からのプレッシャーが激しいというのもあるかもしれない。

冒頭で見たように、商社マンと結婚したいという女性は多いし、商社マン=勝ち組というイメージから、女性側の両親からも良いイメージを持たれやすく、結婚に反対されるという事は少ないだろう。

商社マンは遊び疲れて結婚するパターンも。逆に遅い人は独身貴族を謳歌 

一般的に商社マンは若いうちは合コンが多く、けっこう遊ぶ人が多い。

そういう人たちが20代後半に差し掛かって、遊び疲れた時に結婚するというパターンも多いだろう。

また、最近は少なくなったが、商社マンの中にも激務すぎて全然遊べないという人も多かった。

そのような人は1人の彼女と長く付き合うことが多く、1人の生活に孤独や不安を感じてしまい、結婚に安らぎを求めるというパターンもあった。

逆に結婚が遅い商社マンは30代になっても遊び続け、独身貴族を謳歌している。

独身で1,000万円を軽く超える年収を貰っていれば、かなりいい生活を送ることができ、結婚して節約するという事を敬遠する人もそれなりにいる。

まとめ 

商社マンは、海外駐在をきっかけとして入籍するパターンが多く、一般的には結婚は早いと言えるだろう。

年収が高く、養っていくことに問題がないことも、結婚が早くなる要因なのかもしれない

商社マンと結婚したいという人は、参考にしてみてほしい。

<こんな記事も読まれています>

関連記事

  1. 商社マンに結婚相談所で出会ことができる可能性は?結婚した実績や実例は?

  2. 夫(旦那)が商社マンだと勝ち組?専業主婦、憧れの海外駐在生活も?

  3. 商社マンの結婚の平均年齢とは?他の業種のサラリーマンと比較すると遅い?早い?

  4. 商社マンは当日お持ち帰りする?合コンやデートでの狙い、注意点とは?

  5. 商社マンが彼氏・付き合うと会えないことが多いのは本当か?飲み会や海外出張が理由?

  6. 商社マンの結婚式会場や費用の平均・相場とは?外資系一流ホテルが多い?

  7. 商社マンは遊び人でチャラい?遊ばれない・真剣に付き合う(交際する)ための方法。

  8. 商社マンはCA(客室乗務員)と合コンや出会いの機会、付き合う人や結婚する人が多い?

  9. 商社マンの離婚(バツイチ)・再婚事情、理由や原因について解説。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP