注目の記事 PICK UP!

商社マンが彼氏・付き合うと会えないことが多いのは本当か?飲み会や海外出張が理由?

商社マンが彼氏で全然会う時間がなくて困っているという女性はいるのだろうか?

確かに忙しいイメージで、海外出張も多いから仕方ないと思っているかもしれないが、本当にそれが理由なのだろうか?

ここでは商社マンが彼氏だと会えないことが多いのは本当か、についてみていきたいと思う。

仕事を理由に会えない商社マンはあなたの優先順位が低い 

中には本当に忙しくて会えないという人もいるかもしれないが、今の商社マンは昔と違って、かなりホワイト企業化してきている。

残業も原則禁止であるし、季節的な要因で忙しい時期はあるかもしれないが、商社マンの彼氏が日本にいて会うことができないのであれば、もしかしたら他に理由があるのかもしれない。

そもそも本当に彼が興味を持ってくれているのであれば、忙しくてもなんとか時間を作ってくれるはずである。

まずその仕事量がどんな状況であれ、仕事を理由に会えないという事は、あんまりよい傾向ではない可能性を疑った方が良いだろう。

それは決して好きじゃないというわけではないとは思うが、彼の人生の中での優先順位が高くないということになる。

もちろん今後変わっていく可能性も十分にあるが、過度な期待はせずに一旦立ち止まって考えてみたほうが良いかもしれない。

⇒【商社マンのスーツ

商社マンの仕事量は減ってきている 

冒頭でもふれたが、今の商社マンはそんなに忙しくない。

出張中なのであれば別ではあるが、日本にいて会えないとなると何かがおかしい。

仕事を理由に会えないというのであれば、他で遊んでいる可能性は疑った方が良いだろう。

もちろん仕事量には個人差があるので、一概に絶対そうだとは言い切れないが、個人的な経験からして、もし女性の友達から相談されたら、それは遊んでいる可能性が高いと回答することになると思う。

今はどこの大手総合商社も原則は20時以降の残業は禁止であるし、どんなに遅くても22時を過ぎるということはないだろう。

かりに22時に終わったとして、1時間くらいの会う時間は作ろうと思えば作れる。

⇒【商社マンの彼氏になる方法や出会い

仕事で忙しい商社マンには電話で試してみよう 

あまりしつこく追及しすぎて、嫌われてしまっても意味はないが、会えない状況が続いているのであれば、電話を使ってみると良いだろう。

普通であれば出てくれることが多いし、電話に出れないとしてもすぐに何らかの反応があるはずだ。

お客さんの接待中で電話に出れないということももちろんあるが、会社に残業していて出れないというのであれば、嘘を疑った方が良いのかもしれない。

遊ばれていても関係を続けたいというのであれば、そのままの状況を続けてもいいかもしれないが、将来を真剣に考えられなけれればいやというのであれば、別れを覚悟で話をしてみたほうがいいだろう。

⇒【商社マンの結婚は早い?

まとめ 

仕事量も性格も、人によって違うために断定はできないが、今の商社マンは昔の多忙なイメージとは違って、かなり時間に余裕ができてきている。

そのような状況の中で仕事が理由で会えないというのは、通常はあり得ないと思う。

もし本当に悩んでいる人で期待する答えと違っていれば申し訳ないが、、、ここに記載したことが現実ではないことを祈っている。

<こんな記事も読まれています>

⇒【商社マンの英語・語学力
⇒【商社マンに向いている性格
⇒【商社マンの妻の生活
⇒【商社マンは激務でブラック?
⇒【商社マンの彼氏になる方法や出会い
⇒【商社マンの仕事・業務内容の本音
⇒【商社マンのスーツ
⇒【商社マンの遊び方・プライベート

関連記事

  1. 商社マンの結婚のタイミングは早い?遅い?海外駐在のタイミングで結婚する人が多い?高収入も影響?

  2. 商社マンは遊び人でチャラい?遊ばれない・真剣に付き合う(交際する)ための方法。

  3. 商社マンの左遷先とは?出世街道を外れてしまう?海外や国内の子会社に飛ばされる?

  4. 商社マンは当日お持ち帰りする?合コンやデートでの狙い、注意点とは?

  5. 商社マンの勤務(労働)時間はどのくらい?何時間?フレックス制度は使える?

  6. 商社マン入社1年目の仕事内容とは?研修や社内試験、残業は?

  7. 商社マンと派遣・契約社員の社内恋愛・結婚の可能性はある?事例や実績は?

  8. 商社マンとサラリーマンの違いをわかりやすく解説。給料や待遇は?

  9. 商社マンは過労でブラック労働が多い?勤務時間の実態や過労が原因の事件は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

人気記事

PAGE TOP